Gardening
このエントリーをはてなブックマークに追加

注目の記事

私たちと木材

日本人と大木との付き合いは古く、縄文時代には豊かな実りをもたらす象徴としてや、森羅万象を司る神が宿る木として大切に崇められてきたのです。木材を有り難みを噛み締めながら、有効活用していきましょう。

Read More

入念な計画

使わなくなった農機具は、そのままにしていると錆びれるだけなので、一刻も早く買取した方が良いでしょう。業作によって査定額が違いますので複数から見積もりを取ることもわすれてはいけません。

Read More

見違える庭

気軽に依頼することができるようになっています。草取りを任せたいと考えているときはコチラがオススメとなっているので利用してみましょう。

剪定は木のために行いたいもの。

せっかくのお庭も、お手入れ次第で見違えます。無駄な枝や老化した枝があると、木の育成にも影響がでますし、病害虫の駆除や、冬場の日照を妨げないための対策にもやはり剪定が欠かせません。また、木が茂りすぎてお隣に迷惑がかかったり、電線の方向に伸びていて心配だったり。まず剪定するにあたって、ふさわしい時期を覚えておいてください。花の咲く樹木は落花直後に、実のなる木は、落実後に、落葉樹は落葉後にといった具合です。このような木は一般的に冬期の方が大きく剪定することが可能で、それ以外は、小規模な剪定しか行えません。でも、常緑樹の場合は、木の体力が落ちているため傷みやすい厳冬期は避け、暖かくなった3月以降に行った方が木のためには良いのです。大雑把にいえばこうなるのですが、木はさらに種類ごとに剪定に良い時期や剪定法が異なり、こやはり専門家によく相談した方が良いと思います。

費用は、どれくらいが相場なのか。

いろいろネットで調べていただくと分かると思うのですが、結構安くてざっくりした値段設定をしているところから、細かい設定でそれなりの価格を取るところなど、千差万別です。まず、作業される職人さんの日当が最低限必要なのは分かるとして、その技量はどうか。気を付けておかなければならないのは、安いところに頼んだら、剪定をお願いしたのに、根元から伐採されてしまったというトラブルも見受けられるようです。昔から住んでいる人は、おのずと良心的な植木屋さんに長年依頼されていると思うので、そういった方に聴いてみるのも一つの方法です。身近にそういう方がいなければ、いろいろ比較したうえで業者を選ばなければなりません。まず、価格よりも、その土地の気候や土質に通じていて、見積もりをしっかりと取り、木の種類状態について細かく尋ねてくるような知識を持った業者が、少々値がはっても、最終的に安上がりになります。あと、農薬についてですが、これは使いすぎると、益虫まで駆除してしまうとともに、害虫に農薬に対する耐性がついてしまうので逆効果。そういったきめ細かな心遣いができる業者を選ぶのが、お宅の大切な木のためには良いでしょう。

SUB MENU

見栄えがよくなる

知識と正確さが必要になってくる剪定も、素人で出来ますがやはり思った以上違う場合があります。経験と知識・技術がある剪定のプロに依頼すれば綺麗にカットしてくれるでしょう。

Read More